【アジア初】台湾で動物愛護法の改正案が可決。国内で犬と猫の肉を食べることが全面禁止に。

2017年4月11日、台湾で動物愛護法を強化する改正案が可決され、今後国内で犬猫の屠殺、食用目的の販売・購入・消費が発覚した場合には違反者に約90万円以下の罰金が科せられることになりました。

[2017-05-09]

Facebookでシェア
Twitterでツイート

犬食・猫食の廃止に向け、大きな一歩を踏み出した台湾

2017年4月11日、台湾で動物愛護法を強化する改正案が可決され、犬や猫の肉を食べることが全面禁止となりました。
話によると、今後国内で犬猫の屠殺、食用目的の販売・購入・消費が発覚した場合には、違反者に約90万円以下の罰金が科せられるそうです。
国際社会の批判を受け、韓国や中国を初めとするアジア諸国では犬食・猫食廃止に向けた動きが加速していますが、実際に犬肉・猫肉の消費が法律で禁止されるのはアジアでは初めてだといいます。

「食べ物」から「家族」という考え方に

近年、台湾では犬や猫をペットとして飼う人が急増しており、多くの国民が犬や猫を食べ物ではなく"家族"として認識するようになりました。恐らく、このような国民の犬や猫に対する捉え方の変化こそが、今回の法改正に繋がった大きな要因であると考えられるでしょう。
犬食・猫食の廃止に向けて大きな一歩を踏み出した台湾。これを受け、今もなお犬食文化の残る国々は今後どのような動きを見せるのでしょうか。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

話題を集めた笑える動物ツイート

最近ネットで人気を集めたなごむ動物画像21選

驚き

「家の中にキツネがいる!」野生のキツネが寒さをしのぐ為に取った驚きの行動が話題に

笑い

【不動産の内見にて】話題になったおもしろどうぶつ画像(22枚)

9年間小さなケージに閉じ込められていたチワワが、初めてベッドの感触を知った瞬間

【立派になったわ】ネットで人気を集めたかわいい動物画像(23枚)

【ご主人、遊ぶにゃ!!】人気になった笑える動物画像

感動

皮膚の疾患が原因で飼い主に捨てられた兄弟犬、施設で彼らを待っていた運命とは…

感動

私たちには考えもつかないアソコの使い方!どんな目的で使っているの?