【アジア初】台湾で動物愛護法の改正案が可決。国内で犬と猫の肉を食べることが全面禁止に。

Facebookでシェア
Twitterでツイート

犬食・猫食の廃止に向け、大きな一歩を踏み出した台湾

2017年4月11日、台湾で動物愛護法を強化する改正案が可決され、犬や猫の肉を食べることが全面禁止となりました。
話によると、今後国内で犬猫の屠殺、食用目的の販売・購入・消費が発覚した場合には、違反者に約90万円以下の罰金が科せられるそうです。
国際社会の批判を受け、韓国や中国を初めとするアジア諸国では犬食・猫食廃止に向けた動きが加速していますが、実際に犬肉・猫肉の消費が法律で禁止されるのはアジアでは初めてだといいます。

「食べ物」から「家族」という考え方に

近年、台湾では犬や猫をペットとして飼う人が急増しており、多くの国民が犬や猫を食べ物ではなく"家族"として認識するようになりました。恐らく、このような国民の犬や猫に対する捉え方の変化こそが、今回の法改正に繋がった大きな要因であると考えられるでしょう。
犬食・猫食の廃止に向けて大きな一歩を踏み出した台湾。これを受け、今もなお犬食文化の残る国々は今後どのような動きを見せるのでしょうか。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

動物好き必見!!ツイッターで盛り上がった動物たち 25選

仲良きことは美しきかな♪ 見るだけで和むとっても仲良しな動物の親子たち【25枚】

感動

殺処分の恐怖に怯えながら暮らしていた2匹の犬。お互いを守るように抱き合う彼らの姿は、一人の女性の心を動かした。

笑い

おもしろからかわいいまで!面白くてカワイイ動物たちの厳選ツイート 30選

「イタズラのつもりだった」子供によって工業用接着剤で体を固められ、変わり果てた姿となった子犬が保護される。(トルコ)

感動

これぞ暇を持て余した神々の遊び心? 世にも珍しい模様を持った動物たち【25枚】

笑い

おもしろからかわいいまで!ツイッターで盛り上がった動物たち 25選

感動

散歩中の犬の前に現れ、後を必死について来た子猫。その健気な姿に心を動かされた夫婦は…。

"世界一悲しい犬"と呼ばれた犬「ラナ」。幸せを掴み取ったかのように思えた彼女を待っていたのは、あまりにも残酷な運命だった。