飼い主によって車の窓から投げ出された2匹の猫。怪我を乗り越え、支え合って生きる姿に胸が熱くなる。

怪我の後遺症と闘う「アルファ」と、そんな彼を側で支える「モリー」。彼らは過去にとらわれず、今を前向きに生きています。

[2017-05-01]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
画像共有サイト『imgur』ユーザーのEmoNekoさん。
彼女は今から数年前、怪我を負った2匹の猫を保護し、その後2匹を家族として迎えました。
モリー(左)とアルファ(右)
2匹の写真がこちら。
左側に写るのはメス猫の「モリー」ちゃん。
そして右側に写るのがオス猫の「アルファ」君です。
EmoNekoさんは当時の2匹の状態について以下のように話しています。
「発見時、モリーは体に軽症を負い、アルファは頭に大怪我を負っている状態でした。恐らく、2匹は同じ母親から生まれ、その後飼い主によって車の窓から捨てられてしまったのでしょう。」

怪我による後遺症を抱えていたアルファ

後の検査の結果、アルファは頭に負った怪我の後遺症で視覚障害が残り、近くのものが良く見えていない状態であることが判明しました。
しかし、アルファはそれでも決して弱い姿を見せず、保護されてからは家の中を走り回ったり、EmoNekoさんに甘えたりと前向きで元気な姿を見せてくれたそうです。
「アルファはとても明るくて甘えん坊な性格をしており、毎日私たちのもとへ駆け寄って来ては"お腹を撫でて!"とアピールをしました。」
EmoNekoさんは言います。

強い絆で結ばれていた2匹

アルファは時々後遺症の発作に苦しむこともありましたが、そんな時はモリーが側で支えてくれました。
お互いの側に寄り添い合うアルファとモリー。
どうやら、共に困難を乗り越えてきた2匹の間には強い絆が存在しているようです。
「モリーは常にアルファが側にいないと気が済まない様子で、アルファが行く場所へはどこへでもついて行くんですよ。どうやら、彼女は後遺症に苦しむアルファのことを支えようとしてくれているようです。」
EmoNekoさんは言います。

辛い過去を乗り越え、支え合って生きる2匹

アルファとモリーは過去に飼い主に捨てられ、辛く寂しい思いをしました。
しかし、彼らは過去にとらわれず、今ではお互いに支え合いながら前向きに生きています。
怪我の後遺症を抱えるアルファの前には、きっとこの先も様々な困難が待ち受けていることでしょう。
しかし、EmoNekoさんやモリーが側にいる限り、彼はどんな困難にも負けずに幸せな暮らしを送ることができるはずです。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

笑い

【「もうちょっと指寄せて欲しいの…」】最近Twitterで話題のなごむ動物画像24選

笑い

【可愛いぃ!!ちっちゃい!!そして可愛い!!!】明日から頑張れる動物ツイートまとめ

笑い

【お手本のようなお座りが可愛い♡】ツイッターで話題のどうぶつツイート21選

【かっこかわいいコモドオオトカゲちゃん!】話題を集めたおもしろ動物の画像ツイート20選

優しい先住猫に見守られて・・・

【「すみません、入ってます」】人気を集めたおもしろ動物ツイート25選

我が身を投げうってでも助けたいと、盲導犬が思わずとった行動とは…

笑い

【「ん~、ここなら涼しく寝れるにゃぁ…zzz」】ネットで話題の癒されるどうぶつツイート24選

笑い

【守りたい、この笑顔・・・】リツイートを集めた笑える動物画像