【許せない】闘犬を訓練する為の道具として使われ、最後は路上に捨てられた犬「デューク」のお話。

闘犬の競争心を煽るための"餌食"として使われるベイト犬(餌犬)。その多くは体中に傷を負い、最後は捨てられたり、殺されたりといった悲しい運命を辿ることとなります。

[2017-04-28]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
アメリカ・テキサス州を拠点に活動する動物愛護団体「Rescue Dogs Rock NYC」。
この団体は先日、やせ細り痛々しい姿をした1匹の犬を路上で発見し、保護しました。
話によると、その犬は何者かによって捨てられ、数日間そこに放置されていたそうです。
「その犬はガリガリにやせ細り、皮膚は重度の皮膚病によりボロボロになっている状態でした。そして、獣医師による診察の結果、彼の歯は人為的に研がれていることが判明したのです。その状態を見る限り、彼はこれまで"ベイト犬"として飼育されていた可能性が高いと思われます。」

ベイト犬とは

ベイト犬(餌犬)とは、闘犬の競争心を煽るための"餌食"として使われる犬の事を指します。
アメリカでは違法な闘犬場が未だ多く存在していますが、そのほとんどがシェルター等を経由して犬を入手し、その犬を闘犬を訓練するための道具として使っているそうです。
テキサス州内ではこれまでにもたくさんのベイト犬が保護されてきましたが、その多くは体中に傷を負い、心にも深い傷を負っている状態だったといいます。

幸せを願わずにはいられない…

「デューク」と名付けられた犬は、現在は「Rescue Dogs Rock NYC」の施設で治療を受けながら里親のお迎えを待っているそうです。
これまでは道具として扱われ、愛を知らずに生きてきたデューク。
そんな彼がこの先素敵な里親に出会い、幸せな第二の人生を歩むことを願わずにはいられません。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

感動

ある心優しい男性の元に現れた猫。この男性を選んだ理由とは?

【バンっ】人気になった可愛いのに面白い動物画像23選

【パッツンパツン】話題を集めた面白くてカワイイ動物画像

笑い

【ごろーん】ネットで人気になったどうぶつ画像22選

消防署に迷い込んできた野良猫。職員みんなに助けを求めて回り・・・

笑い

最近SNSで人気になった動物ツイート23選

驚き

アンビリバボーなことが起こった!20シーンで綴る恩を忘れなかった動物たち

笑い

最近話題になったどうぶつツイート25選

母のいない子猫。しかしその後新たにお姉ちゃんができて・・・