1匹の猫を保護したつもりが、2匹の猫を家族として迎えることとなった男性のお話。

飼い主に放置され衰弱した猫を保護した結果…その後意外な展開が待っていました。

[2017-04-17]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
動物愛護団体の一員として活動する Richi Gansohrさん(国籍不明)。
彼はある日、飼い主に放置されていた1匹の猫を救出し、自宅で保護しました。
Richiさん曰く、その猫は食べ物さえろくに与えられておらず、救出した際にはガリガリにやせ細っていたそうです。
「発見時、猫は骨が浮き出るほどガリガリに痩せ、とても怯えている様子でした。冷蔵庫の裏に隠れるその姿を見るだけでも、彼女がそれまでどれほど過酷な日々を送って来たのかが伝わって来たのです。」
Richiさんは当時の猫の状態についてこう話しています。

怯える猫に愛を注ぎ続けた結果…

自宅へ戻ったRichiさんは、その後猫が心を開いてくれることを信じて側に寄り添い、優しく接し続けました。
すると、時間が経つにつれて猫は少しずつRichiさんを信用し始め、Richiさんとの距離を縮めていったそうです。
そして数時間後、猫はついにRichiさんに心を開き、彼に甘えるような仕草を見せるようになったのです。
「これまで不幸な人生を送ってきた猫には、これからは幸せになってもらいたい。」
そう考えたRichiさんはこの日猫に「ミミ」という名前を付けると、家族として一生面倒を見ることを決意しました。

ミミに異変が・・・

ミミを引き取ってから数日が経ったある日の夜、Richiさんはミミのある異変に気が付きました。
なんと、普段はおとなしいミミが、その日の夜はRichiさんが目を覚ますほど大きな声で何度も鳴いたのです。
そして次の日の朝、Richiさんは驚きの光景を目の当たりにしました。
その時に撮影された写真がこちら。
そう、実はミミは1匹の子猫を身ごもっており、Richiさんが寝ている間にその子猫を出産していたのです。
大きな声で鳴いていたのは、きっと出産のサインだったのでしょう。
「私はミミが妊娠していることに気付いていなかった為、子猫を見たときはとても驚きました。どうやら、子猫は1匹だけだったためあまりお腹が大きく見えなかったようです。」
Richiさんはこのように話しています。

その後…

出産を終えたミミはその後すっかり母親モードになり、一生懸命子育てに励みました。
Richiさん曰く、彼女は子猫の側を片時も離れず、子猫が危ない目に遭わないよういつも見張っていたそうです。
「サンシャイン」と名付けられた子猫は、そんな母猫とRichiさんに支えられながらすくすくと成長していきました。
こちらは生まれてから数週間後に撮影された写真です。
好奇心旺盛な彼は、自分の足で歩けるようになると家中を探索したり、ちょっとしたイタズラをしたりと元気いっぱいな姿を見せてくれたそうです。

ミミからの恩返し

「サンシャインはミミから私への贈り物だったのではないかと考えています。彼女のおかげで大切な家族がもう1匹増え、今は幸せいっぱいです。」
Richiさんは言います。
1匹の猫を引き取るつもりが、2匹の猫を家族として迎えることとなったRichiさん。
彼は初めは突然の出来事に驚いたそうですが、今は2匹の猫に囲まれて幸せいっぱいの暮らしを送っているようです。
家族が増えると大変な思いをすることもあるかもしれませんが、どんな困難にも負けることなく、この先もずっと家族仲良く幸せな日々を送ってもらいたいと思います。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

笑い

そうくるのか(笑) 座り方が意外すぎて吹き出す動物たちのお座り 23枚

人気を集めた可愛いのに面白い動物画像まとめ

笑い

【栗まんじゅう!?】最近ネットで人気を集めたなごむ動物画像21選

笑い

【ぎしき?】話題を集めたかわいい動物画像まとめ

悶える可愛さ♡ スーパー甘えん坊モードに入ったニャンコたち 27枚

驚き

【驚き】カナダの工業地帯で見つかった"特別"な子猫達。その前足を良く見てみると…

笑い

最近ネットで話題のおもしろ動物画像

画像まとめ

25歳の誕生日から飼い始めた犬。驚きのビフォーアフター写真がこちら

笑い

【干支】人気を集めたおもしろ動物の画像ツイート