住宅街で保護された猫の大家族。後の検査の結果…その家族の意外な関係が明らかに。(カナダ)

Facebookでシェア
Twitterでツイート
昨年の夏、カナダ・バンクーバーのとある住宅街にて、なんとも可愛らしい姿をした7匹の子猫とその側にいた2匹のメス猫が保護されました。
その際に撮影された写真がこちら。
母猫と思われる2匹のメス猫はどちらも綺麗な白い毛並みを持ち、子猫達はそんな母猫達にそっくりな見た目をしていました。
現場に駆け付けた動物愛護団体の方々も、そんな猫の親子の愛らしい姿にメロメロになったそうです。
「その日、私達は移動式住宅が並ぶ敷地で野良猫の親子を目撃したという話を聞き、すぐに現場に駆けつけました。すると、そこには何とも愛らしい7匹の子猫と、その母親とみられる2匹のメス猫がいたのです。彼らがどこからやってきたのかは分かりませんが、片方の母猫は3年前から度々敷地に現れては近所の住民に餌をもらっていたようです。」
動物愛護団体「VOKRA」の方々はこのように話しています。

なぜ母猫が2匹も?

「何故母猫が2匹もいるんだろう?」
疑問に思った動物愛護団体の方々は、その後施設でDNA検査を行いました。
すると検査の結果、2匹のメス猫が親子であるということ、そして2匹がほぼ同じタイミングで子猫を出産していたことが判明しました。
どうやら、2匹は親子で力を合わせ、合計7匹の子猫を一緒に育てていたようです。
こちらは年上の母猫の写真です。
彼女は過去にも2度出産を経験していることが分かりましたが、恐らく最初に出産した子猫の中に今回保護されたもう一方の母猫がいたのでしょう。
もう一方の母猫の写真がこちら。
彼女は今回が初めての出産だったようですが、母猫の助けを借りながら一生懸命子育てをしたそうです。

そっくりな家族

今回保護された猫の大家族にはある特徴がありました。
それは、9匹全員が同じような顔つきをしており、見分けがつかないほどそっくりだということです。
母猫は大きさや顔の模様から見分けがつきますが、子猫達はほとんど違いがありません。
施設の方々にとっても、7匹の子猫を見分けるのは至難の業だったことでしょう。

9匹全員の幸せを願って

施設ですくすくと成長していった子猫達は、その後素敵な里親に出会い、それぞれ別の場所へと旅立っていきました。
家族との別れは辛かったと思いますが、今は新たな家族と共に幸せな暮らしを送っていることでしょう。
7匹の子猫達、そしてそんな子猫達を育て上げた2匹の母猫がこれからも幸せな人生を歩めるよう願いたいですね。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

感動

【朗報】悲しい顔をした猫と言われた「ナツメグ」君が、里親に引き取られ幸せな猫生を歩み始める。

感動

散歩中の犬の前に現れ、後を必死について来た子猫。その健気な姿に心を動かされた夫婦は…。

笑い

見なきゃ損!ツイッターで話題になったおもしろ動物画像(25枚)

笑い

疲れも吹き飛ぶ!面白くてカワイイ動物たちの厳選ツイート 30選

笑い

動物好き大集合!!おもしろ&ほっこり動物ツイート30選

感動

「助けて…」瀕死の状態で路上に倒れていた野良犬。レスキュー隊が駆けつけると、その犬は力を振り絞って尻尾を動かした。

笑い

【キュン死注意】ツイッターで盛り上がった動物たち 25選

笑い

【癒やしと笑いがいっぱい】ツイッターで話題になったおもしろ動物画像(25枚)

感動

中国の路上で"食用犬"として売られていた犬を買い取り、溢れんばかりの愛情を注ぎ続けた結果…。