【感動】虐待を受けて狂暴化してしまった猫が、溢れんばかりの愛を受けて再び心を開くまで

Facebookでシェア
Twitterでツイート
画像共有サイト『imgur』ユーザーのCayさん。
彼女は今から4年前、地元のシェルターで殺処分される予定だった一匹の猫を引き取り、家族として迎えました。
その猫の写真がこちら。
「Ludde」と名付けられた彼は、シェルターにいた頃は完全に心を閉ざし、職員や他の動物が近づくと牙を剥いて威嚇しました。
話によると、彼は以前の飼い主から何度も投げられたり、車で轢かれたり、尻尾を焼かれたりといった虐待を受け、それが原因で心に深い傷を負ってしまったそうです。

「この子は狂暴過ぎて手が付けられません」

CayさんはLuddeを引き取りたいと申し出た際、シェルターの職員からこう言われました。
「この子は狂暴過ぎて手が付けられません。恐らく、ペットとして飼うのは困難でしょう。」
しかし、Luddeを引き取り一生愛することを心に決めていたCayさんは、職員にこう言い返したそうです。
「私は何と言われようがこの子を引き取ります。」

Luddeを自宅へ

そして後日、Cayさんは再びシェルターを訪れると、Luddeをケージに入れて自宅へ連れて帰りました。
この時、Luddeは恐怖を感じてケージの中で排便し、家に到着するまで暴れまわったそうです。
そして、Cayさんやその家族を警戒していたLuddeは、家に到着した後も棚の上に隠れ、姿を現そうとはしませんでした。
「近づいたらまた傷つけられるかもしれない」
Luddeの頭の中は、そんな不安と恐怖でいっぱいだったに違いありません。

心を開いたLudde

しかし、その後Cayさんが愛情を持って接し続けたところ、Luddeには少しずつ変化が現れ始めました。
なんと、彼は家に来て3日後には同じ家に暮らす他の猫と遊び始め、その4日後には自らCayさんやその家族に近づき、匂いを嗅ぐようになったのです。
そして、その後も少しずつ心を開いて行ったLuddeは、家に来て3か月が経った頃には家中を元気に走り回ったり、Cayさんに甘えたりもするようになりました。
どうやら、Cayさんの諦めない心、そして愛情が奇跡を起こしたようです。

現在

Cayさんに引き取られてから約4年が経った現在、Luddeはすっかり人懐っこい猫へと生まれ変わり、今では毎日家族の皆に甘えています。
Cayさんの隣で幸せそうに眠るLudde。
その姿からは、"ペットとして飼うのは困難"と言われていた頃の面影は感じられません。
「この4年で、Luddeはハエすらも傷つけない優しい子に生まれ変わりました。私がこうしてコメントを書き込んでいる今も、彼は私の膝の上に寝転がり、優しい目で私を見つめているんですよ。」
Cayさんは言います。

辛い過去を乗り越えて

過去に飼い主から虐待を受け、心に深い傷を負ってしまったLudde。
しかし、彼は今、Cayさんやその家族との新たな暮らしに幸せを感じているようです。
Luddeが心に負った傷は、今後一生癒える事がないでしょう。
しかし、彼にはこれからは過去を忘れるほど明るく、幸せな人生を歩んでいってもらいたいと思います。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

疲れも吹き飛ぶ!人気の動物系画像ツイート 20選

笑い

動物好き必見!!ツイッターで話題になったおもしろ動物画像(25枚)

驚き

二度見必見!! 思わず振り返りたくなるびっくりなワンコたち【20枚】

【キュン死注意】ツイッターで盛り上がった動物たち 25選

感動

13年間愛を知らずに生きてきた猫が、運命の人に出会い生まれて初めて愛を感じた瞬間。

笑い

癒やされて笑える!人気の動物系画像ツイート 20選

笑い

究極癒やしをあなたへ!面白くてカワイイ動物たちの厳選ツイート 30選

笑い

見なきゃ損!ツイッターで盛り上がった動物たち 25選

笑い

我が道を行く! 周りなんてお構いなしのフリーダムな動物たち【20枚】