【ボツワナ共和国】喉の渇きに苦しんでいた野生の赤ちゃんゾウが、側を通りかかったトラックの運転手によって救われる。

「苦しむ赤ちゃんゾウを前に、見て見ぬ振りをすることなど私にはできませんでした。」

[2017-04-02]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
アフリカ南部に位置するボツワナ共和国。
今回は、このボツワナ共和国から届いた心温まるお話をお届けしたいと思います。

トラックの前に現れたゾウの赤ちゃん

その日、『AfriAg』という運送会社に勤めるトラックの運転手は、滑落した橋の手前で一頭の赤ちゃんゾウに出会いました。
運転手は当時の様子を以下のように話します。
「橋の手前で足止めを食らっていたとき、1頭の赤ちゃんゾウが茂みの中から現れました。どうやら、その赤ちゃんゾウは母親とはぐれ、喉の渇きに苦しんでいたようです。」

「助けないと!」

ゾウが水を必要としていることに気付いたドライバーの方々は、その後トラックに積んでいた水を集め、それをゾウに与えました。
その時の様子がこちら。
ごくごくと水を飲むその姿を見れば、彼がどれだけ喉の渇きに苦しんでいたのかが伝わって来ます。
そしてその後、周りに母親や群れの姿が無い事を確認したドライバーの方々は、赤ちゃんゾウをトラックに乗せ、近くにあるゾウの保護施設へと連れていきました。
こうして、赤ちゃんゾウは無事に一命をとりとめ、安全な場所で保護されることとなったのです。

現在

話によると、赤ちゃんゾウはその後順調に回復を遂げ、今は施設で暮らしながら成長しているそうです。
ゾウの人工飼育は非常に難しいといわれていますが、赤ちゃんゾウがいつか立派なゾウに成長することを願わずにはいられません。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

過剰染色体が原因で安楽死が決定した猫…その後の運命は?

笑い

【ニャー】ネットで話題の笑えるどうぶつツイート

笑い

【一瞬の出来事】ツイッターで人気を集めた動物画像まとめ

【反省…】ネットで盛り上がった動物の画像ツイート

笑い

【かわいい♡】ネットで人気を集めた笑えるどうぶつツイート

完全なる知能犯。やっぱりネコは頭がいいと確信した瞬間 23選

保健所から救助された子猫。同じく保健所出身のトラ猫が優しく抱き上げ、世話をし…

感動

「これで解決♪」抱っこが大好きな子猫の為に考案された心温まるアイデアが話題に。

おちょこちょいで賞 ドジっ子だけどそこが可愛い反則なアニマルたち 19枚