【私が救ってみせる】たった一人の女性が起こした行動が、殺処分される運命だった母猫と4匹の子猫の命を救った!

私たち一人ひとりが動物の保護に関心を持ち、行動を起こすことが出来れば、一体どれだけ多くの命を救うことが出来るのでしょう。

[2017-01-31]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
メス猫の「ペネロペ」とその子猫達は、以前アメリカ・ワシントン州にあるアニマルシェルターで保護され、その後収容数オーバーにより殺処分されることが決まってしまいました。
しかし、殺処分の直前、そんな彼らの前に一人の救世主が現れ、彼らの運命は急展開を迎えることになるのです。

アシュリーさん

殺処分を間近に控えたある日、シェルターには一人の女性がやって来ました。
その女性は、「PAWS」という地元の動物愛護団体に所属するアシュリーさんという方です。
アシュリーさんは普段から動物の保護に取り組んでおり、その時既に自宅では身寄りのない7匹の子猫を育てていました。
しかし、彼女はペネロペとその子猫達が殺処分される予定であることを知り、「助けたい」という一心でシェルターへやって来たのです。
「私は何の罪もない猫達が目の前で殺されようとしているのを黙って見過ごすことが出来ませんでした。そこで、私は自ら彼らを引き取り、生きるチャンスを与えることにしたのです。」
アシュリーさんはこう話します。

自宅へ

アシュリーさんはペネロペとその子猫達をシェルターから引き取ると、その後彼らを自宅の一室へと連れていきました。
すると、ペネロペと4匹の子猫達はどこか安心したような表情を見せ、抱き合いながら喉をゴロゴロと鳴らし続けたそうです。
「初めて私の自宅にやって来た日、子猫達はペネロペの側を離れようとしませんでした。そして、ペネロペもそんな子猫達を心配させないよう、子猫達の側に寄り添っていたのを覚えています。」
アシュリーさんは言います。

心を開いたペネロペと子猫

初めは警戒心を示していたペネロペと子猫達でしたが、日数が経つにつれて新しい環境にも慣れ、次第に心を開くようになりました。
こちらは子猫に爪とぎを教えるペネロペの姿を撮影した写真です。
アシュリーさんの気配りのおかげで、ペネロペはこのように安心して子育てをすることができたようです。

里親が見つかりました

アシュリーさんの自宅でのびのびと暮らし共に成長していった4匹は、ある日里親が見つかり、それぞれ別々の場所へと旅立っていきました。
また、子育てを全うしたペネロペもその後家族が見つかり、今は暖かいお家で幸せな暮らしを送っているそうです。
殺処分される運命だったペネロペとその4匹の子猫達は、アシュリーさんのおかげで明るい未来を手に入れることが出来ました。
素敵な家族がいる場所にたどり着いた今、彼らはもう何かに怯える必要もありません。

私たちにも救える命がある

"誰かが手を差し伸べるだけで救える命がたくさんある"
アシュリーさんは猫の保護を通じ、そんな大切なことを私たちに教えてくれました。
私たち一人ひとりが動物の保護や里親になることに関心を持ち、何か行動を起こすことが出来れば、今まさに殺処分されようとしている動物や施設で死を待つ動物の多くを救う事ができるはずです。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

突然車に乗りこみ、ひざに乗ってきた猫。実は助けを求めていることがわかり…

笑い

【ヤンキー?】話題の面白くてカワイイどうぶつ画像22選

驚き

動物たちの変わりように、目が飛び出るカモ!?赤ちゃんと成長後を追った軌跡22選

笑い

【友だち♡】最近人気を集めた笑える動物ツイート20選

飼い主へのプレゼントを毎朝もってくる猫。いつも定位置に置いてあり・・・

シェルターでは誰にもなつかなかった猫。新たな家に引っ越し、一週間が過ぎたとき…

驚き

人の世に生き写しのアニマル世界!「母は強し」と感じさせる14選

【大きくなったね】ツイッターで人気になった動物画像

笑い

とある女性「近所に住む飼い猫が食べ物と愛情を求めて毎日私の家にやって来るんです」