少年グループが民家の飼い犬を誘拐し、激しい暴行の末に火をつけるというおぞましい事件がイギリスで発生。

Facebookでシェア
Twitterでツイート
被害に遭った犬「チャンキー」
去年の末、1匹の犬が4人の少年(15歳~16歳)に誘拐され、その後残酷な方法で虐待を受けるというおぞましい事件がイギリスで起こりました。
「チャンキー」と名付けられたその犬は後日保護され、飼い主と再会を果たすことが出来たそうですが、その時は思わず目を覆いたくなるほど変わり果てた姿をしていたそうです。
事件後、逮捕された少年のグループは犯行を認め、取り調べに対しておぞましい虐待の一部始終を話しました。

保護されたときのチャンキーの状態

チャンキーを保護したレスキュー団体の方は、当時のチャンキーの状態を以下のように説明しています。
「保護した際、チャンキーは4本の足と首の骨が折れ、顔には大火傷を負っていました。誘拐された後、彼は少年たちに暴行を受け、その後顔に火をつけられたのです。話を聞いた際、私たちはあまりの残忍さに言葉を失いました。」
「これまで、私たちは様々な動物たちを保護してきましたが、今回のケースは最も残酷で信じがたいものだと言えるでしょう。少年たちの行為は、決して許されるものではありません。」

現在は順調に回復中

保護された際チャンキーは瀕死の状態でしたが、獣医師による懸命な治療の末、彼は奇跡的にも回復を遂げることが出来ました。
現在、チャンキーは顔の火傷と骨折がほとんど完治し、以前と変わらない生活を取り戻しつつあるそうです。

許せない

このニュースはイギリス国内のみならず多くの国々で話題となり、「少年たちを許さない」といった声やチャンキーの幸せを願う声が広がっています。
今後、少年たちに重い罰が下され、残酷な行為に対する報いを受ける日がくることを願わずにはいられません。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

見なきゃ損!ネットで話題のおもしろい動物たち大集合(30枚)

笑い

【キュン死注意】ツイッターで盛り上がった動物たち 25選

感動

ずっと支え合って生きてきた親友と1ヶ月ぶりの再会を果たしたサル。その時の表情が2匹の絆の強さを物語る。

【恐ろしい事件】カミソリの刃が入ったホットドッグが民家の裏庭で発見される。(カナダ)

【身近にある危険】飼い主の何気ない行動が原因で生死の境をさまよう事となった猫のお話。

感動

中国の路上で"食用犬"として売られていた犬を買い取り、溢れんばかりの愛情を注ぎ続けた結果…。

笑い

【キュン死注意】ネットで話題のおもしろい動物たち大集合(30枚)

笑い

疲れも吹き飛ぶ!ネットで話題のおもしろい動物たち大集合(30枚)

感動

【感動の実話】食べ物と愛を与えてくれた女性に恋をした野良犬。再会を信じて待ち続けた彼は、後に幸せを掴み取ることとなる。