何者かによって木の箱に閉じ込められ、瀕死の状態で見つかった犬「ソフィー」。そんな彼女の現在の姿に涙が止まらない。

Facebookでシェア
Twitterでツイート
アメリカ・テキサス州で活動する動物愛護団体「Animal Cruelty Division(アニマル・クルーエルティ・ディヴィジョン)」。
昨年の11月、彼らは何者かによって木の箱の中に閉じ込められ瀕死の状態になった一匹の犬を保護しました。
その犬は長い間箱の中にいたため体中が排泄物まみれになり、栄養失調で動く気力もなかったそうです。
最初に犬を発見した近所の住民の方々は、犬が既に死んでいると信じて疑いませんでした。
しかし、通報を受けて愛護団体の方々が駆けつけたとき、犬はまだかろうじて息をしていたそうです。
愛護団体の方々はそんな犬を抱きかかえると、その後地元の動物病院へと急ぎました。

動物病院へ

動物病院に到着した時、犬は既に体温が著しく低下しており、いつ息がとまってもおかしくないほど衰弱していました。
そんな彼女の姿を見た愛護団体の方々は、思わず「もうダメかもしれない…」と希望を失いかけたそうです。
しかし、動物病院に勤めるエリザベス獣医師は、決して犬を救う事を諦めたりはしませんでした。
彼女は犬が回復することを願い、お風呂に入れたり、ドライヤーを使うことで必死に体を温め続けたのです。
「犬は瀕死の状態になりながらも私の目を見て必死に助けを求めていました。そこで、私は何としてでも彼女を救うべく、優しい言葉をかけ続けながら一生懸命治療を施したのです。」
エリザベス獣医師はこう話します。

奇跡

するとその後、そんなエリザベス獣医師の想いは天に届き、犬はなんとか峠を乗り越えることができました。
そして、その後も治療を続けた結果、彼女は日に日に元気を取り戻していったのです。
こちらは復活を遂げた犬の姿を撮影した写真です。
動物病院にやってきてから数日が経った頃には、犬はすっかり元気になり、自分の足で立ち上がれるまでに回復しました。

その後・・・

元気を取り戻した犬はその後「ソフィー」と名付けられ、エリザベス獣医師のもとで引き取られることとなりました。
現在、ソフィーはエリザベス獣医師の家族として、暖かいお家で幸せな暮らしを送っているそうです。
「ソフィーは今では完全に回復を遂げ、過去の面影を感じさせないほど愛らしい犬へと生まれ変わりました。私の側にいる限り、彼女はもうお腹を空かせたり、寒さに凍える心配もありません。」
エリザベス獣医師はこう話します。
ソフィーは過去に人間にひどい目に遭わされ、生死の境をさまよいました。
しかし、その後エリザベスさんという素敵な女性に出会った彼女は、一命を取りとめ幸せを手に入れることが出来ました。
心の傷が癒える事はないかもしれませんが、ソフィーにはこれからはエリザベスさんと共に過去を忘れられるほど幸せな日々を送り、前向きに生きてもらいたいと思います。
ソフィーの未来が、笑顔と幸せで溢れますように。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

【キュン死注意】ツイッターで盛り上がった動物たち 25選

笑い

【キュン死注意】おもしろくてかわいい動物たち厳選画像30選

笑い

究極癒やしをあなたへ!ネットで話題のおもしろい動物たち大集合(30枚)

感動

「私の犬を助けてください」癌で死にゆくホームレスの男性が、路上で出会った女性に託した願いに涙が止まらない。

カイシャってどんなところにゃ(ΦωΦ)? ニャンコたちの自由すぎる職場体験【20枚】

驚き

12年間腫れていた猫の唇が、"ある事"をしただけで元通りに!腫れを引き起こしていた意外な原因の正体とは…。

笑い

【癒やしと笑いがいっぱい】ツイッターで話題になったおもしろ動物画像20選

動物好き必見!!ネットで話題のおもしろい動物たち大集合(30枚)

【癒やしと笑いがいっぱい】ツイッターで話題になったおもしろ動物画像20選