愛する猫を救うために燃え盛る火の中に飛び込み、23歳という若さでこの世を去った女性のお話。

Facebookでシェア
Twitterでツイート

若くしてこの世を去ったユエリン・ツァイさん

台湾人のユエリン・ツァイさん(当時23歳)という方は、昨年自宅で発生した火事に巻き込まれ、この世を去りました。
火災が発生した際、彼女は家の外にいたそうですが、中に取り残された2匹の愛猫を救うために家に戻り、そのまま火の犠牲になってしまったのです。
鎮火後、消防隊員が家の中を捜索したところ、焼け焦げた家の中からは猫を必死に抱きしめるツァイさんの遺体が見つかりました。
その姿からは、自分の命を犠牲にしてでも愛する猫を守ろうとするツァイさんの覚悟が感じられたそうです。

姿を消したもう一匹の猫

ツァイさんと猫の遺体が運ばれた後、消防隊員は「デュオデュオ」と名付けられたもう一匹の猫の遺体を探しました。
しかし、消防隊員がどれだけ敷地内を探してもデュオデュオの遺体を見つけることは出来なかったそうです。
これを受け、ツァイさんの遺族の頭にはこんな考えがよぎりました。
「もしかすると、デュオデュオは今もどこかで生きているのではないか。」
そしてその後、彼らはFacebookを通じて助けを募り、近所の方々と協力してデュオデュオの捜索を始めたのです。

2日後・・・

するとそれから2日後、彼らは自宅の近くの草むらで奇跡の光景を目の当たりにしました。
なんと、そこには火傷を負いながらもかろうじて生き延びているデュオデュオの姿があったのです。
どうやら、デュオデュオはツァイさんに助けられ、かろうじて燃え盛る家から逃げ出すことが出来たようです。
デュオデュオは全身に重度の火傷を負っていましたが、動物病院での検査の結果命に別状は無いことが分かりました。
彼女は現在も動物病院で治療を受け、日に日に回復しているそうです。

デュオデュオに心を救われました

ツァイさんともう一匹の猫の死は遺族にとって想像を絶するほど辛く、悲しいものでした。
しかし、奇跡の生還を果たしたデュオデュオはそんな彼らを絶望の淵から救ってくれたのです。
「ツァイの死は決して無駄では無かった。あの子は自分の身を犠牲にしてデュオデュオを救ってくれたんだ。」
遺族はこのように考え、今は悲しみを乗り越えて前に進みだそうとしています。

ツァイさんの死を無駄にしない為に

「火事から生還を果たしたデュオデュオなら、きっとこれからもたくましく生きてくれることでしょう。私たちはこれからもツァイの死を無駄にしないよう、精一杯デュオデュオを可愛がり、支え続けていきたいと思います。」
彼らはこう話し、これからはデュオデュオと共に前向きに生きていくことを誓っています。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

感動

幸せが続くことを信じて長生きをした犬「ソノマ」。しかし、その先で彼を待っていたのはあまりにも残酷な運命だった。

笑い

とある女性が自宅の塀に開けた"3つの穴"。その穴には、隣に住む犬のことを気遣うさり気ない優しさが込められていた。

とっても癒されて笑える!!面白くてカワイイ動物たちの厳選ツイート 30選

【許せない】闘犬を訓練する為の道具として使われ、最後は路上に捨てられた犬「デューク」のお話。

画像まとめ

「引っ越しをするから」という理由で隣人に愛犬を預けた女性。しかし、その行為は後に悲劇を招くことに…。

【キュン死注意】おもしろくてかわいい動物たち厳選画像30選

笑い

【癒やしと笑いがいっぱい】ネットで話題のおもしろい動物たち大集合(30枚)

笑い

動物好き大集合!!おもしろ&ほっこり動物ツイート30選

笑い

おもしろからかわいいまで!ツイッターで話題になったおもしろ動物画像(25枚)