飼い主が亡くなって以来、愛を求めて施設で待ち続けた猫「シエナ」のお話。

「きっといつか愛を与えてくれる人が現れる」シエナはそう信じ、毎日ケージのガラスに手を当ててアピールをし続けました。

[2017-01-05]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
猫の「シエナ」は、以前アメリカ・ニュージャージー州で飼い主さんと共に暮らしていました。
しかし、今から約一年前に突然飼い主さんが亡くなってしまい、その後動物保護施設へとやって来たのです。
動物保護施設へやって来た時、シエナは既に13歳の老猫でした。
しかし、それでも彼女はいつか里親が迎えに来てくれることを信じ、施設でじっと待ち続けました。

愛を欲していたシエナ

愛を欲していたシエナは、このように誰かがケージの側を通る度にガラスに手を当てて必死にアピールをしたそうです。
そして、その人がガラス越しに頭を撫でるような動作をすると、シエナは嬉しそうにガラスに体をこすりつけました。
「シエナには幸せになってもらいたい・・・。」
シエナの姿を見て、施設の方々はこう思いました。
そして、ある日彼らは里親が見つかることを願い、シエナの写真をホームページ上に掲載したそうです。

ついにその時が!

するとその写真を掲載した日の夜、一人の女性が施設にやってきました。
その方は写真を見て胸を痛め、シエナを引き取るつもりで施設を訪れたそうです。
女性の姿を見たシエナは、いつものようにガラスに手を当てて必死にアピールをしました。
そして、そんなシエナの姿を見た女性はガラス越しではなく直接シエナを抱きしめ、そのまま自宅へ連れて帰ったのです。

現在

現在、シエナは「クロエ」という新しい名前が付けられ、女性の家で幸せな暮らしを送っています。
家族が見つかった今、彼女はもう必死にアピールをする必要もありません。
「クロエは確かに高齢です。しかし、彼女は年齢を感じさせないほど若々しく、甘えん坊な一面もあるんですよ。寝る時間になると、彼女は必ず私のベッドにやって来て私と一緒に寝るんです。」
女性はこう話します。
シエナは長年一緒に暮らしてきた飼い主と別れて寂しい思いをしましたが、今は新たな飼い主との第二の人生を満喫しているようです。
14歳という年齢は猫にとってはかなりの高齢ですが、シエナにはこれからも長生きをし、残りの人生を精一杯楽しんでもらいたいと思います。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

【スヤスヤ…】人気を集めた癒されるどうぶつ画像25選

【休んでるリス】SNSで話題になったおもしろ動物画像まとめ

笑い

人気を集めたなごむ動物ツイート

驚き

ドタバタコメディみたい♪ 動物カメラマンと動物たちの面白コンビ (25組)

感動

母猫に拒否された小さな子猫とその子猫を我が子のように育てた男性の心温まるお話。

僕たち反省中ですにゃ(ΦωΦ)♪ 反省文が可愛すぎるニャンコたち 20選

笑い

人気を集めた癒されるどうぶつツイート

笑い

思わず突っ込んでしまう動物画像

感動

「その手があったか!」居場所のなかった野良猫が画期的なアイデアのおかげで幸せを見つける♪