【感動の実話】食肉にされる運命だった子犬が、一人の女性に救われ幸せを掴み取るまで。

たくさんの病気を抱えていた子犬は、屠殺場から救い出された後も苦しみ続けました。しかし、彼女は強い心を持って治療を乗り越え、ついに健康な体と幸せを手に入れたのです。

[2016-12-20]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
中国に暮らすイギリス人のエミリーさん。
彼女は普段は英語の教師として働き、時間のある時は動物のレスキュー活動に取り組んできました。
そんなエミリーさんはある日、「ミア」という子犬が屠殺場から救い出され、施設で保護されているという話を耳にしました。
しかし、ミアは体に多くの問題を抱えていたため、施設の方々は治療を断念するという決断をしたそうです。

私が助ける

そこでエミリーさんは自ら立ち上がり、ミアを救う事を決めました。
彼女はその後すぐに施設へ向かうと、ミアを引き取り、自身が代表を務めるレスキュー団体の施設へと連れていったそうです。
その後の検査の結果、ミアは腸疾患や皮膚病を患い、腸内には寄生虫がいることが判明しました。そして、彼女はプラスチックの部品のようなものを飲み込んでいたため、すぐに手術が必要な状態だったそうです。

絶対に諦めない

「この子はもうダメかもしれない・・・」
ミアを見た多くの人はそう思いました。
しかし、エミリーさんだけは絶対にミアを救う事をあきらめず、彼女に治療を施し続けました。
ミアもそんなエミリーさんの支えを借り、強い心をもって手術や治療を乗り越えていきました。
治療は小さな体をしたミアにとってとても辛いものでしたが、彼女は弱い姿を見せず、勇敢に闘ったのです。

奇跡

すると、治療を続けること数か月後、ミアはついに全ての病気を乗り越え、健康な体を手に入れました。
こちらが現在のミアの姿です。
今の彼女の姿は、保護されたときの面影を微塵も感じさせないほどたくましく見えます。
「ミアは現在体に大きな異常もなく、100%健康です。彼女はどんなに困難な状況においても、諦めなければ奇跡は起こるという事を証明してくれました。」
エミリーさんはこう話します。

今はとっても幸せです

過去には食肉にされかけたり、多くの病気を患ったりと、とても辛い思いをしてきたミア。
しかし、健康な体と素敵な家族を手に入れた今、彼女はとても幸せそうです。
彼女が心に負った傷が癒える事はないかもしれませんが、これからはエミリーさんと楽しい日々を送り、過去を忘れられるほど幸せになってもらいたいと思います。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

笑い

そうくるのか(笑) 座り方が意外すぎて吹き出す動物たちのお座り 23枚

ツイッターで話題のなごむどうぶつ画像

消防署に迷い込んできた野良猫。職員みんなに助けを求めて回り・・・

驚き

生きていく中で誰だって、たまにはへまもするさ!ドジっちゃった動物たち25選

感動

縁の下で見つかった2匹の小さな子猫。保護から1年後に撮影された驚きの姿がこちら。

ドールサイズの13才の猫。安楽死の危機から逃れ、毎日飼い主に感謝を伝える

【バンっ】人気になった可愛いのに面白い動物画像23選

笑い

最近ネットで話題を集めたなごむ動物画像24選

最近話題になったどうぶつツイート25選