体に多くの障害を抱えながらも強く生きた犬「ボンサイ」が死去。彼が生きた1年半は、多くの人々の愛で溢れていました。

Facebookでシェア
Twitterでツイート
テキサス州にある「Friends Of Emma」という施設で保護されたブルドッグの「ボンサイ」君。
彼は体にたくさんの問題を抱えて生まれてきたため、施設に連れてこられました。
ボンサイが抱えていた問題の中でも、特に深刻だったのは後ろ足です。
彼の後足は生まれた時から全く機能していなかったため、その後手術によって切断されてしまいました。

多くの困難が立ちはだかりました。

後ろ足が切断された後も、ボンサイには多くの困難が立ちはだかりました。
こちらはボンサイの体のレントゲン写真です。
写真を見ると、彼の脊椎は短く、曲がっているのが分かります。
更に、ボンサイは『スイマー症候群』という難病も抱えていました。
その影響で、彼の残された前足はいつも横に開いた状態だったのです。

それでも負けませんでした

これだけ多くの問題を抱えていれば、生きる希望を失ってしまってもおかしくはありません。
しかし、強い心を持ったボンサイは決して負けませんでした。
彼はその後も多くの手術を乗り越えながら、前向きに生き続けたのです。
ボンサイを保護していた施設でも、そんなボンサイが治療を続けることでより良い生活を送れるよう、募金による資金集めに奮闘したそうです。
募金を始めると、「ボンサイを救ってあげてほしい」という支援者が続々と現れ、なんとか治療を続けることが出来ました。

1年後

多くの人に愛されながら生き続けたボンサイはその後も順調に成長し、ついには一歳の誕生日を迎えることが出来ました。
1年前は弱々しい姿をしていたボンサイがここまでたくましい姿に成長できるとは、誰も予想していなかったことでしょう。
それはまさに、ボンサイの強い心と人々の愛が起こした奇跡でした。

別れの時

しかし、誕生日を迎えてから約4か月が経ったある日、ボンサイとのお別れの時は突然訪れました。
その日の夜、施設の方はボンサイの咳の音を聞き、急いでボンサイのいる部屋に向かったそうですが、その時には彼は既に息を引き取っていたそうです。
施設の方々はその後しばらく悲しみに暮れましたが、他の動物たちの命を救うべく、今は前に向かって歩き始めたそうです。
「ボンサイは天国へ旅立ちましたが、彼の魂は今も私たちの心の中で輝き続けています。私たちはこれからも動物の保護を続けていきますが、ボンサイの事を忘れることはないでしょう。私たちは皆、今でも彼の事を愛しているのですから。」
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

おもしろからかわいいまで!ツイッターで盛り上がった動物たち 25選

感動

【感動】虐待を受けて狂暴化してしまった猫が、溢れんばかりの愛を受けて再び心を開くまで

画像まとめ

バハマ名物『泳ぐ豚』が7頭死亡。原因は観光客が与えた"アルコール飲料"であると報じられる。

感動

「いつも元気がないお爺ちゃんを笑顔にしてあげたい」→奇跡を信じて猫を飼ってみた結果…。

【キュン死注意】おもしろくてかわいい動物たち厳選画像30選

見なきゃ損!ツイッターで盛り上がった動物たち 25選

テープの芯が首から抜けなくなり衰弱していた猫が、心優しい人々に救われ晴れて自由の身に!

感動

とある郵便配達員「近所の家に住む1匹の猫が毎朝私を笑顔にしてくれるんです。」→その理由が分かる映像がこちら。

とっても癒されて笑える!!ツイッターで話題になったおもしろ動物画像(25枚)