20年間ずっと保護施設で暮らしてきた猫「フォレスト」。そんな彼が幸せな老後を送るために施設の方がとった行動とは。

Facebookでシェア
Twitterでツイート
今年で20歳になる猫の「フォレスト」。
彼は今、マサチューセッツ州にある動物保護施設にて老後の生活を送っています。

フォレストの過去

フォレストは一年前まで別の施設で暮らしていましたが、その後弟のサニーと共に現在の施設へと移されました。
現在の施設へやって来てから数か月後、2匹は一度ボランティアの方の自宅でお世話をされることになりましたが、その後すぐにサニーが亡くなってしまい、フォレストは24時間体制でケアを受けるために再び施設で暮らすことになったそうです。

施設での暮らし

施設の職員の方々は、これまで愛を知らずに生きてきたフォレストが少しでも幸せな老後を送れるよう、色々な工夫をしました。
以前は日光浴が大好きだったというフォレスト。
しかし、彼は年を取るにつれて外を歩く元気が無くなっていきました。
そこで、施設の方々はフォレストがいつでも日光を浴びれるよう、施設の窓際にフォレスト専用のベッドを作ってあげたそうです。
また、施設へやって来る人々がフォレストの存在に気付き、可愛がってくれるよう、フォレストの近くには1枚のメモ紙を置きました。
そのメモ紙にはこう書かれています。
「僕の名前はフォレスト。僕は20歳で腎臓に病気を抱えているけど、それでも毎日お日様の光に当たりながら楽しい日々を送っているんだ。僕は誰かにかまってもらうのが大好きだから、みんな僕を可愛がってね。」

幸せな老後

フォレストは現在もたくさんの人々に愛されながら、幸せな老後を送っています。
誰かに頭を撫でてもらったとき、フォレストはとても嬉しそうに喉を鳴らすそうです。
「ボランティアの方々の協力もあり、フォレストは現在も病気に負けずに元気に暮らしています。私たちはこれからもフォレストが幸せを感じてくれるよう、彼の為にできることならなんでもしていくつもりです。」
施設の方々はこのように話し、これからもフォレストを支え続けることを誓っています。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

笑い

見なきゃ損!ツイッターで話題になったおもしろ動物画像(25枚)

感動

"醜い"という理由でブリーダーに捨てられた犬「ピカソ」。しかし、彼にはその後思いがけない2つの出会いが待っていた。

感動

とある郵便配達員「近所の家に住む1匹の猫が毎朝私を笑顔にしてくれるんです。」→その理由が分かる映像がこちら。

感動

亡くなった飼い主さんと最後のお別れをする為、自宅から3.2km離れた場所にある墓地まで必死に走り続けた忠犬のお話。

【キュン死注意】ツイッターで話題になったおもしろ動物画像(25枚)

驚き

今日こそは! どうしても中に入りたくて頑張るニャンコたちが面白すぎる【20枚】

笑い

【癒やしと笑いがいっぱい】ツイッターで話題になったおもしろ動物画像20選

感動

大好きな飼い主さんが結婚することを察した猫。家族が増える喜びを爆発させ、とびきりの笑顔を見せる。

見なきゃ損!ツイッターで盛り上がった動物たち 25選