20年間ずっと保護施設で暮らしてきた猫「フォレスト」。そんな彼が幸せな老後を送るために施設の方がとった行動とは。

「これまで愛を知らずに生きてきたフォレストに、せめて最後だけでもたくさん愛を与えてあげたい。」

[2016-12-01]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
今年で20歳になる猫の「フォレスト」。
彼は今、マサチューセッツ州にある動物保護施設にて老後の生活を送っています。

フォレストの過去

フォレストは一年前まで別の施設で暮らしていましたが、その後弟のサニーと共に現在の施設へと移されました。
現在の施設へやって来てから数か月後、2匹は一度ボランティアの方の自宅でお世話をされることになりましたが、その後すぐにサニーが亡くなってしまい、フォレストは24時間体制でケアを受けるために再び施設で暮らすことになったそうです。

施設での暮らし

施設の職員の方々は、これまで愛を知らずに生きてきたフォレストが少しでも幸せな老後を送れるよう、色々な工夫をしました。
以前は日光浴が大好きだったというフォレスト。
しかし、彼は年を取るにつれて外を歩く元気が無くなっていきました。
そこで、施設の方々はフォレストがいつでも日光を浴びれるよう、施設の窓際にフォレスト専用のベッドを作ってあげたそうです。
また、施設へやって来る人々がフォレストの存在に気付き、可愛がってくれるよう、フォレストの近くには1枚のメモ紙を置きました。
そのメモ紙にはこう書かれています。
「僕の名前はフォレスト。僕は20歳で腎臓に病気を抱えているけど、それでも毎日お日様の光に当たりながら楽しい日々を送っているんだ。僕は誰かにかまってもらうのが大好きだから、みんな僕を可愛がってね。」

幸せな老後

フォレストは現在もたくさんの人々に愛されながら、幸せな老後を送っています。
誰かに頭を撫でてもらったとき、フォレストはとても嬉しそうに喉を鳴らすそうです。
「ボランティアの方々の協力もあり、フォレストは現在も病気に負けずに元気に暮らしています。私たちはこれからもフォレストが幸せを感じてくれるよう、彼の為にできることならなんでもしていくつもりです。」
施設の方々はこのように話し、これからもフォレストを支え続けることを誓っています。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

思わず二度見しちゃう!! 飛行機に搭乗しちゃった動物たち 23枚

感動

生き別れた双子猫が感動の再会! 寄り添い合う姿が愛らし過ぎて…

驚き

モフりポイントは無限大!! スーパービッグな23匹のニャンコたち

【ん?】ツイッターで話題の動物の画像ツイート

感動

雪の上で凍えていた野良猫、女性に保護された瞬間喜びが爆発し…♪

それはダメェ〜!! 傍若無人な我が道をゆく生き物たち(笑) 20枚

笑い

ニャンだこれ?! 静電気に翻弄されるニャンコたち 23匹

話題を集めたおもしろ動物画像22選

笑い

【ちがうよ…】SNSで話題になったおもしろ動物画像まとめ