「助けてくれてありがとう」一匹の犬に命を救われ、その後再び飛べるようになったハチドリが見せた感謝のしるし。

犬への恩を忘れなかったハチドリは、元気になっても犬の側を離れようとしませんでした。そして、ハチドリは今もなお犬への恩返しを続けています。

[2016-11-19]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
アメリカ・カリフォルニア州に暮らすエド・ガーノンさん。
彼は今から1年半前、一匹の野良犬を保護し、家族として迎えました。

凶暴だった犬「レックス」

エドさんによって「レックス」と名付けられたその犬は、保護される前は他の野良犬と喧嘩をしたり、野良猫を襲って殺してしまったこともあり、近所では"狂犬"として恐れられていました。
しかし、エドさんに出会い、たくさんの愛情を受けたレックスは少しずつ変わり、いつしか心優しい犬へと成長したのです。

ハチドリとの出会い

するとある日、そんなレックスの優しい心が垣間見えるある出来事が起こりました。
それは、エドさんとレックスが外を散歩していたときの事です。
その日エドさんがレックスと一緒に散歩をしていると、レックスが突然立ち止まり、道路の一点を見つめました。
そこには、全身を蟻に覆われ、羽が無くなった小さなハチドリが倒れていました
「きっともう死んでいる。」
そう考えたエドさんはそのまま歩き出そうとしましたが、レックスはその場を動こうとしませんでした。
そこで、エドさんがハチドリを良く見てみると、ハチドリはまだかすかに息をしていたのです。

ハチドリを自宅へ

その後、エドさんはレックスに促され、ハチドリを自宅で保護することにしました。
そしてそれ以来、エドさんとレックスは協力してハチドリのお世話をしたのです。
すると、ハチドリはゆっくりと回復を遂げ、体からは次第に新しい羽が生え始めました。
そして保護から1年後、ついにハチドリは再び空を羽ばたけるまでに回復したのです。
「君はもう飛べるんだ。今日からは外で自由に暮らすんだよ。」
エドさんは回復したハチドリを野生にかえすため、ケージの扉を開けました。
しかしその後、ハチドリはエドさんが予想もしなかった行動をとります。

レックスから離れようとしなかったハチドリ

新しい羽も生え、晴れて自由の身となったハチドリ。
しかし、ハチドリはその後決してレックスの側を離れようとしませんでした。
驚くことに、ハチドリはエドさんが何度外に連れて行っても家の中に戻り、レックスの側を飛び続けたのです。
「助けてくれてありがとう。」
その姿は、まるでレックスにそう言っているようにも見えました。
どうやら、ハチドリはレックスが命を救ってくれたことが分かっていたようです。

レックスとハチドリが起こした奇跡

「初めは私がレックスを救い、今度はレックスがハチドリを救ってくれました。そして、そのハチドリは私たちみんなを幸せな気持ちにしてくれたのです。今回の出来事は、奇跡としか言いようがありません。」
エドさんはこのように話しています。
ハチドリは今もエドさん、そして命の恩人であるレックスと共に暮らしているようです。
いつかはハチドリが旅立つ日が来るかもしれませんが、それはまだ先の話になりそうです。
その日が来るまで、ハチドリはこれからもエドさん、レックスの側に寄り添い、彼らに感謝の気持ちを表現し続けることでしょう。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

笑い

【プーマ?】話題を集めた笑える動物ツイート

笑い

【休んでるリス】SNSで話題になったおもしろ動物画像まとめ

【スヤスヤ(-_-)zzz】最近Twitterで話題のなごむ動物画像24選

笑い

思わず突っ込んでしまう動物画像

笑い

【強風×ポメラニアン】最近ネットで話題のおもしろ動物ツイート22選

笑い

何にも変わらないよ♪ 大きくなっても変わらない姿が愛しいペットたち 19選

驚き

そんなのってあり?! 動物たちがものすごい変形をした瞬間 18選

【営業妨害!?】最近SNSで人気を集めた笑える動物画像

画像まとめ

「こんな泳ぎ方するの!?」気持ちよさそうに泳ぐカバの赤ちゃんの姿が可愛すぎると話題に♪(オハイオ州)