仲が良すぎるあまり、顔も行動もそっくりになってしまった猫「エヴィン」と「ミニー」。

エヴィンとミニーには血のつながりがありませんが、その姿は親子ではないかと疑ってしまうほどそっくりなんです。

[2016-11-11]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
ジェシカさんという女性の自宅には、「エヴィン」と「ミニー」という2匹の猫が暮らしています。
毛の色も表情もとっても似ている2匹、しかし彼らには血の繋がりはありません。

エヴィンとミニー

先にジェシカさんの自宅にやってきたのは大きい方のエヴィンでした。
彼はジェシカさんのボーイフレンドが働く牧場の納屋で見つかり、クリスマスの日にジェシカさんの家にやってきたそうです。
そしてそれから1年以上が経ったある日、ジェシカさんとボーイフレンドの男性は同じ納屋で数匹の子猫を発見し、保護しました。子猫はその後別々の里親のもとへと引き取られましたが、その内の一匹はエヴィンにあまりにもそっくりだったため、ジェシカさんはその子猫を家族として迎えることにしたのです。
そして、その子猫は後に「ミニー」と名付けられます。

2匹の出会い

ミニーが初めてジェシカさんの家にやって来た時、エヴィンは目を輝かせてミニーのもとにかけよりました。
そして、彼はミニーの事を抱きかかえると、まるで我が子のようにお世話をし始めたのです。
ミニーもそんな優しいエヴィンの事がすぐに気に入り、いつしか2匹はとっても仲良しになりました。
ジェシカさん曰く、2匹は毛の色も顔も似ていたため、まるで親子のように見えたそうです。

いつも一緒

仲良しなエヴィンとミニーは、いつも行動を共にします。
エヴィンがどこかへ行くと、ミニーは必ずその後を付いて行くそうです。
「ミニーはエヴィンが行くところならどこへでもついて歩きます。例えそこが狭い場所でも、ミニーはエヴィンと一緒なら気にしないようです。」
「エヴィンもそんなミニーにいつも優しく接し、面倒を見てくれました。猫としての振る舞い方や家での遊び方をミニーに教えてくれたのもエヴィンです。」
ジェシカさんはこう話します。

現在

出会いから1年以上が経過した現在、2匹は今も変わらず仲良く一緒に暮らしているようです。
ミニーもすっかり立派な猫へと成長し、更にエヴィンに似てきました。
「エヴィンとミニーは私の人生にとって欠かせない存在となりました。私はそんな2匹のことをとても愛しています。」
ジェシカさんは言います。
血はつながっていなくても何もかもがそっくりな2匹。
彼らはこれからも離れることなく一緒に過ごし、その絆を深めていくことでしょう。
私たちも、そんな2匹をいつまでも見守っていきたいですね。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

母から見放された小さな子猫。ふわふわのブランケットが好きで…

ツンツンしたい♡ 子犬のお尻が悶絶するほど可愛い 25枚

笑いの神が舞い降りる!?お父さんのイタズラにはホントに困っちゃう画像特集

究極的な線描画に挑戦した人!いったいどんな作品になったの!?

【「おかあさぁぁぁん!!!」】ツイッターで人気になった動物画像

驚き

いい湯だにゃん? お風呂場でニャンコが見せたリアクション集 21枚

【素敵な「はじめまして」】最近話題になったおもしろ動物画像22選

驚き

【そこにおるんかーい!】神出鬼没で度肝を抜くニャンコたち 24枚

ドーナツ店の駐車場に捨てられた1匹の犬、監視カメラはその一部始終を捉えていた。