【驚き!】母親を亡くした子熊を保護し、それ以来24年間その熊と共に暮らしてきたロシア人夫婦のお話。

「体が大きくて甘えん坊な自慢の息子です。」

[2016-08-30]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
ロシアに暮らすPanteleenko夫妻。
彼らは24年前、母親を亡くした1匹の子熊に出会いました。
子熊を発見したハンターの方々曰く、子熊は発見当時はとても衰弱しており、どこか寂しそうな様子だったそうです。
Panteleenko夫妻はそんな子熊の話を聞きつけると、自宅で引き取り、元気になることを信じて毎日愛情を注ぎ続けました。

お父さんとお母さん

すると、子熊は日に日に元気を取り戻し、夫婦に笑顔を見せるようになったそうです。
そして、気が付くと子熊はすっかり夫婦に懐き、彼らに甘えるようになりました。
母親を亡くし、寂しい思いをしていた子熊。
そんな彼にとって、夫婦はまるでお父さんとお母さんのように大切な存在となったようです。

24年後・・・

そしてそれから24年が経った現在、「ステパン」と名付けられた熊はすっかりたくましく成長し、その体は夫婦よりも大きくなりました。
しかし、ステパンは今も変わらず甘えん坊で、毎日夫婦に甘えてばかりいるそうです。
私たちの多くは熊という動物に対して、「凶暴」、「恐ろしい」というイメージを持っているかもしれませんが、ステパンの姿からはそんな様子は微塵も感じられません。

人間のように振る舞うステパン

ステパンは自分の事を夫婦と同じ人間だと思い込んでいるようで、夫婦がすることは何でも真似するそうです。
スヴェトラーナさんと共にティータイムを満喫するステパン。
香りを嗅ぐ彼の姿は人間そのものです。
キャッチボールもこの通り。
夫婦に出来てステパンに出来ない事はありません。
ステパンの趣味はガーデニングです。
彼は時々お庭に出ては自らお花の水やりをするんだとか。
他にもステパンが好きなものはたくさんありますが、中でもソファの上で夫婦に抱かれながらテレビを見るのが彼にとっては至福の時間のようです。
まるで人間のように振る舞うステパン。
しかし、彼が熊であるという事実に変わりはありません。
その証拠として、彼は毎日25kgもの量の魚や野菜、卵をたいらげるそうです。

これからも愛し続けます

夫婦曰く、ステパンはいつも夫婦と行動を共にしますが、彼は一度も夫婦を傷つけたことが無いそうです。
恐らく、ステパンには夫婦が自分を救い、育ててくれたという事が分かっているのでしょう。
Panteleenko夫妻もそんなステパンをこれまで我が子のように愛し続けてきました。
そして、彼らはこれからもステパンに変わらない愛情を注ぎ、家族として共に生きていくと話しています。
こちらはPanteleenko夫妻とステパンの暮らしぶりを収めた動画になります。
動画を見た後では熊のイメージが大きく変わるかもしれません。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

悲しい表情を浮かべる両耳の無い野良猫を保護。回復を願って愛情を注ぎ続けた結果…

笑い

【パンチしてその反動にビックリ!!】最近人気を集めた笑える動物ツイート20選

大きくなれない猫に救いの手が・・・

雷の夜、眠れない犬のために飼い主がとった美しすぎる行動とは

【見てるこっちも気持ちよくなっちゃう寝相です♪】最近ツイッターで話題のおもしろ動物画像

【魚拓ならぬ、犬拓?!】ネットで人気を集めた笑えるどうぶつ画像

【斬新な寝方選手権開催!!】SNSで話題を集めた笑える動物ツイート

笑い

【ねこちゃんツムツム?!】ツイッターで人気を集めた動物画像まとめ

【可愛いのには数学的な理由があった?!】最近ツイッターで話題を集めた動物画像(25枚)