決して人間に近づこうとしなかった子猫たち、たっぷりの愛情を受けてその態度に変化が…!

猫が人間を信頼し、ともに暮らせるようになる手助けをする人のお話です。

[2016-05-31]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
人間を警戒して、決してなつこうとしない野良猫たち。
そんな猫たちを、飼い猫として育てることはできるのか。

気性の荒い2匹の子猫を人間に慣れさせ、里親を見つける、というチャレンジをした人がいます。
「私の実家の裏庭に、母猫と2匹の子猫が住み着いていました。実家の両親は猫たちにエサをやり、世話をしていましたが、2匹の子猫は警戒心が強く、エサを食べようともしません。」

「私は、子猫の扱いには少し自信があったので、クリスマスで帰省した時に、子猫を捕獲することにしました。」
ポッサム用の罠を仕掛けて、子猫を捕獲し、自宅へ連れて帰ったそうです。
猫たち、びっくりしたでしょうね。かなり緊張しています。
お姉ちゃん猫がサファイア、弟猫はスクーターという名前が付けられ、たっぷりの愛情を注がれて暮らすことになりました。
「最初はなかなかスムーズにはいきませんでした。サファイアとスクーターはかなり人間が怖かったようです。」

でも、少しずつ距離を縮めた結果、徐々に2匹の警戒心は解けていきました。
気が付けば、人間のそばでのどを鳴らしたり、遊んだりできるようになったのです。
すっかり飼い猫らしくなり、リラックスして遊ぶようになったサファイアとスクーター。
人間を怖がっていたころのことは、忘れてしまったようですね。

ここまで人間に慣れることができたら、どんな家に引き取られても大丈夫です。
SNSを通じて、2匹の里親探しが始まりました。
「幸い、私の古い友達が2匹まとめて引き取ってくれることになりました。インターネットの力はすごいですね!」

サファイアとスクーターは、今、新しい家族とともに幸せに暮らしているそうです。
「サファイアとスクーターを手放したときは、とても寂しかったです。でも、この経験が、野良猫の里親探しという活動を本格的に始めるきっかけとなりました。これまでに、24匹の猫に新しい家族を見つけたんですよ。」
サファイアとスクーターの母猫は、避妊手術を受け、今も実家の裏庭で可愛がられているそうです。

外の世界で飢えや病気に苦しむ野良猫が、こうやって少しずつでも減っていくのは素晴らしいことですね。
野良猫に新しい家族を見つける手助けをするお仕事、応援したいです。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

笑い

SNSで話題になったどうぶつツイート

笑い

最近ネットで人気を集めた動物ツイートまとめ

笑い

【♡】ツイッターで話題のどうぶつツイート21選

笑い

【ゴミ袋の神様?】人気になったほっこりする動物ツイート

飼い主へのプレゼントを毎朝もってくる猫。いつも定位置に置いてあり・・・

【可愛い猫ハウス⁉】ネットで話題のかわいい動物ツイート

【自由ニャ~】人気を集めた面白くてカワイイ動物画像

笑い

【おいっ!!】話題になったかわいいどうぶつ画像まとめ

笑い

【店番中】人気になったおもしろ動物ツイート