目を覆いたくなるような映像が公開され、大きな反響を呼びました!その内容とは…

[2018-07-04]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
インドネシアでは、毎年約1万㎡の広大な熱帯雨林が消失してしまっています。
これは樹上で暮らす動物、特にオランウータンにとっては死活問題です。
過去16年の個体数よりも半減してしまっています。

世界環境の日に、とてもショッキングな映像が公開(撮影は2013年)されました。
大型の重機に必死になって立ち向かうオランウータンの姿がそこにはありました。

毎年3,000坪の熱帯雨林(インドネシア)が失われている

心無い森林開発により住処を奪われた動物たちがたくさん

怒気が感じられる背中

住居を守ろうと必死に向かっていくオランウータン

これを見た人々の感想(一部抜粋):

「地球上で人間こそが最低な生き物だわ!美しい地球を破壊し、そこに暮らす生き物まで奪うなんて」

「心を痛める光景だわ…。私たちは地球に対して何をしているのかしら。愚かしくも自分自身の首を絞めているのよ!地球は生き長らえていくことでしょう、人間を切り捨てるという方法でね」

「どうしてこんな愚かしい行為をやめさせられなかったのかしら!?動物たちの安全が確保されてから工事を行うべきだったのに!」

「ホント私たちって何をやっているのかしら、このオランウータンは住処を守るために立ち上がっただけなのに!私たちが守らなくって誰が守ると言うの!?もうこれ以上破壊させてはいけないわ。いつになったら何がホントに大切であるかに気付くのかしら」

「日増しに人間への嫌悪感を強めているわ。ひどいの一言では済まされないわよ!」
時代が進んでも開発と保護は私たちにとって大きな課題ですね。
先進国の人々からすれば、動物がとてもかわいそうに思えるのは納得できます。

しかし、これから発展していくだろう国にとってインフラの整備は大切です。
私たちが当然のように享受している生活を、彼らは得ていないのですから。
先進国と同じ轍を踏まないように、過去の経験を通じたアドバイスを行ったほうが現実的でしょう。

もちろん、動物の保護活動は並行して続けていく必要があります。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

驚き

衝撃!長すぎるドレッドヘア状態のプードルを保護

雷の夜、眠れない犬のために飼い主がとった美しすぎる行動とは

生きることを放棄してしまった子猫

飼い主を亡くした猫は、その後ぬいぐるみを抱きしめて離さず…

笑い

【ねこふんじゃった】ツイッターで癒される動物の画像ツイート23選

【にゃんこ版 ざわ・・・ざわ・・・】最近ネットで人気を集めたなごむ動物画像21選

感動

ある日、突然、アンディに弟ができた!その時、アンディがとった行動とは?

10年間ずっと野良猫として生きてきた猫が、ついに…

驚き

いつもより心が軽くなってしまう!言葉よりも多くを語る15枚の写真