毛の抜け落ちたパグを路上で救出。その後の運命は…

皮膚や目の状態が悪すぎて、本来の姿とはかけ離れてしまった犬

[2018-05-18]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
テキサスの動物センター『Austin Animal Center』に保護された小さなパグ・デックス。


まだ一才にも満たない幼い子犬でしたが、そうは見えないほど悲惨な状態でした。
治療の必要な犬は即日殺処分にされてしまう可能性もあるので、レスキュー『Pug Rescue Austin』がデックスを迎えに行きました。

検査の結果、毛包虫症や皮膚の感染症の影響で毛が全て抜け落ちていることがわかりました。しかも、おそらくもう半年間もこの状態で苦しんできたのだろうとのことでした。
また、目はドライアイの状態で、両目とも感染症にかかっていました。


すぐに抗生剤や抗真菌薬による治療が始まりました。また、薬の入ったお風呂に入って皮膚のケアも行われました。


里親の家に移ってからも、2時間おきに5種類の目薬をさしてもらう必要がありました。
デックスは最初とてもこわがっていて、スタッフはこのままずっと心を閉ざしてしまうのではないかと心配していました。


しかし治療が進み、痛みや不快感が和らげられると、人にも慣れて心を開いていきました。


皮膚の保護のために与えられたフリースのブランケットがお気に入りです。
徐々にしっぽを振ったり、おもちゃで遊んだり、他の犬とじゃれあうようにもなりました。

フェイスブックで紹介されて人気者になったデックスのもとには、Tシャツやフリース、犬パジャマ、犬ベッド、おもちゃなどたくさんのものが送られてきました。
そのようにデックスを応援している人の一人だったベス・レガッキーさん。これまでにも『Pug Rescue Austin』から犬を引き取った経験が二回あります。


ネット上でデックスを見て心が動き、ぜひ家族にしたいと思ったそうです。
5匹のレスキュー犬と、温かい家族が迎えてくれました。
デックスは新たな家にすぐに慣れることができ、日々の生活を楽しんでいます。


特に家族の息子さんにとてもよくなついていて、いつもくっついているそうです。
健康になり、安心できる暮らしを手に入れたデックス。


毎日家族に幸せと笑顔を届けています!
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

誘拐されそうになった猫。一生懸命逃げて…

笑い

【お掃除はこわいの】ネットで盛り上がったどうぶつツイート24選

画像まとめ

無人島に取り残された7匹の子犬

【マジでお互い譲らない】明日から頑張れるどうぶつ画像(21枚)

【「えっ!僕たちのおやつじゃないの?!」】ツイッターで話題のなごむどうぶつ画像

安楽死寸前だった全身皮膚病の犬は美しい姿を取り戻す

笑い

夏バテを癒すかも?コロコロパンダの赤ちゃんたち

笑い

【「ご主人様、これは新しいおもちゃかにゃ??」】人気を集めた笑える動物の画像ツイート22選

【反省してなさそうな顔・・・】SNSで話題を集めた笑える動物画像