過去に飼い主に捨てられた犬、新たな家族となった小さな男の子に"愛情"を注ぐ。

信じていた飼い主に捨てられ孤独な思いをした犬。しかし、彼女はそれでも人間を恨もうとはせず…

[2018-06-21]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
後に「ノエル」と名付けられるこちらの犬(♀)は、昨年のクリスマスイブにペンシルベニア州の道端に捨てられていたところを発見されました。
話によると、その日は気温が低かったため、彼女は段ボール箱のなかにうずくまって必死に寒さをしのいでいたそうです。

ノエルに手を差し伸べた女性

そんなノエルに手を差し伸べたのは、地元で動物愛護団体を運営するジェニン・グイドさん。
彼女は時間をかけてノエルを捕獲し、自身が運営する施設に彼女を連れて帰りました。
こちらは施設へ向かう途中の車内で撮影された写真です。
この時、ノエルは頭を上げる気力もないほど疲れ切っており、施設に到着するまではピクリとも動きませんでした。
その姿をみるだけでも、彼女がそれまでどれほど大変な思いをしていたのかが伝わって来ます。

新しい家族との出会い

保護から数日後、ジェニンさんは里親希望者のリストに載っていたブロック夫妻に連絡し、ノエルを紹介してみました。
すると、ブロック夫妻はノエルの里親になることを快く引き受け、すぐにノエルを引き取る準備を進めてくれたそうです。
こうしてブロック夫妻の家族の一員となったノエルは、現在はたくさんの愛情を注がれて幸せな日々を送っています。
ブロック夫妻にはオリバー君という幼い息子さんがいますが、ノエルはそんなオリバー君のお姉さん代わりとなって毎日子守をしてくれているそうです。
その姿からは、人間を恨んでいる様子は微塵も感じられません。
「ノエルとオリバーは出会ったその日から仲良くなり、今でもお互いの側を離れようとしません。オリバーがすこしの間でも家を離れると、ノエルは心配そうに家中を探し回るんですよ。」
ブロック夫妻はこう話します。

ペットの未来は飼い主次第

ペットが幸せになれるかどうかは、飼い主次第だと言っても過言ではありません。
責任感と愛情のある飼い主に恵まれた動物たちは幸せな暮らしを送ることが出来ますが、無責任な飼い主の手に渡った動物は捨てられたり、虐待を受けたりといった不幸な運命を辿ることになるのです。
ノエルは幸いにも新しい家族に巡り合うことが出来ましたが、過去には無責任な飼い主に捨てられて悲しい思いをしました。
不幸な運命を辿る動物たちを減らすためには、誰にでもペットが飼えてしまう今の世の中を根本的に変える必要があるのかもしれません。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

笑い

【魚拓ならぬ、犬拓?!】ネットで人気を集めた笑えるどうぶつ画像

【見てるこっちも気持ちよくなっちゃう寝相です♪】最近ツイッターで話題のおもしろ動物画像

笑い

【リアルジュラシックパーク?!】SNSで話題になった動物の画像ツイート25選

悲しい表情を浮かべる両耳の無い野良猫を保護。回復を願って愛情を注ぎ続けた結果…

笑い

【可愛いのには数学的な理由があった?!】最近ツイッターで話題を集めた動物画像(25枚)

子犬工場で毛を失っても最高の笑顔

笑い

【下から撮ってみたシリーズ】人気になったかわいい動物ツイート

驚き

気まず〜い!ペットのやらかした瞬間の表情が面白すぎる!

笑い

【俺に任せるにゃ(グッジョブb)】ネットで話題を集めた笑える動物画像(22枚)