競売場の小さな囲いから救い出された馬、同じ境遇の動物たちから"愛"を教わる。

競売場では狭い囲いの中に閉じ込められ、餌や水もろくに与えられていなかった馬。そんな彼に愛情を注いでくれたのは、保護先の施設で出会った保護動物たちでした。

[2018-03-13]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
アメリカでは毎年約10万頭もの馬が"食用"として競売にかけられていますが、競売にかけられる馬の多くは屠殺場に送られるまで餌や水もろくに与えられず、小さな囲いの中で残酷な扱いを受けていると言われています。

地獄のような苦しみを味わった馬「カレブ」

今回紹介する「カレブ」と名付けられた馬(生後7か月)も、過去に競売場に送られて地獄のような苦しみを味わったうちの1頭です。
狭い囲いの中で数か月間放置されていたカレブは、保護された時にはやせ細り、歩くのもままならないほど衰弱していました。
話によると、競売場から保護される馬は心身共に強いダメージを受けている事が多く、回復するまでにも時間が掛かるそうです。

カレブを暖かく迎え入れた保護動物たち

カレブに救いの手を差し伸べたのは、テキサス州で動物保護施設を運営するコビー・ウェッジさん。
彼はカレブを買い取って施設で保護すると、それ以来毎日愛情を持って治療とケアを施しました。
施設では他にも多くの動物たち(馬・猫・犬など)が保護されていますが、彼らもカレブの事を仲間として受け入れ、たくさん愛情を注いでくれたそうです。
初めて愛情に触れ、日に日に心を開いていったカレブ。
保護当時は絶望して暗くなっていた表情も、今では一段と明るくなりました。

今後の予定

話によると、カレブは近日中にもフロリダ州にある施設へと移され、そこで新たな"馬生"を歩む予定となっているそうです。
過去には狭い囲いの中で苦しい思いをしていたカレブ。
そんな彼にこの先たくさんの幸せが訪れることを願わずにはいられません。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

【すっぽりはまっちゃった♡】ネットで人気になった癒される動物画像

笑い

ツイッターで話題になった動物ツイート20選

【はっちゃけすぎました】テンションマックスの動物たち

【「はむはむ」ガシャガシャガシャ】ネットで話題になったおもしろ動物画像

【お掃除はこわいの】ネットで盛り上がったどうぶつツイート24選

【そんなキュートな目で見つめちゃダメっ・・・!!】最近ツイッターで話題の動物画像まとめ

驚き

動画の撮影者にロックオンしてしまった皇帝ペンギン!はたしてその行方は…

【おっきな耳と肉球が超キュート♡】最近ネットで人気を集めた動物ツイートまとめ

【「もうちょっと指寄せて欲しいの…」】最近Twitterで話題のなごむ動物画像24選