13年間待ち続けたシェルター猫に待望の飼い主が。数時間後には…

人が近づいても怒る様子はない。そんな猫に10年以上飼い主が現れなかった理由とは?

[2018-02-10]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
ハンナさんは『Wisconsin Humane Society』のウェブサイト上で猫を探していたところ、モクシーという名の13才のトラ猫の存在を知りました。


モクシーは2004年にシェルターにやってきた猫です。
「一度飼われて戻されたりしたのかはわかりません。私はシニア猫を飼おうと思っていたので、モクシーの写真と年齢を見て『この子だ!』と思いました」とハンナさんは言います。
そして今年の1月26日、ハンナさんはモクシーに会いにシェルターを訪れました。ちょっと元気がない様子でしたが、こわがることはありませんでした。


しかしスタッフにモクシーを飼いたいと話すと、モクシーが抱える問題について説明されました。
モクシーには自分だけの空間が必要で、人に触られるのが好きではなく、怒って噛んだり叩いたりすることがあるそうです。そのことが原因で、それまでなかなか新たな飼い主が現れなかったのです。


ちょっと気難しいこの猫のことを本当に理解して、嫌がることをしなければ、きっと良いパートナーになってくれるだろうとのことでした。


ハンナさんは話を聞いて、モクシーに特別なものを感じました。
そしてついにシェルターにさよならを告げるときがやってきたのです。
新しいおうちに着いてすぐに、モクシーは『自分だけの場所が欲しい!』と主張しました。


「モクシーはモクシーなりに愛されたいと思っていて、ちょっと犬っぽいところもあります。私が帰宅してから、朝再びし仕事に出かけるまでずっと私の後を付いてくるのです」
「私は一人暮らしなので、モクシーがいることで家の中が暖かくなるような気がします」


ときにはご主人様の足を温めてくれることも。
「猫を探している多くの人はシニア猫を避けていますが、こんなにかわいい子もいるんですよ」とハンナさんは言います。


モクシーは今までずっと良い飼い主に出会うことができませんでした。しかし今ではハンナさんのもとで、ようやく穏やかで幸せな日々を送ることができています。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

笑い

【神秘的】人気になった可愛いのに面白い動物画像23選

思わぬプレゼントに飼い主さんはビックリ!?そのプレゼントの中身とは?

感動

「さようなら僕の親友」天国へ旅立った親友と最後のお別れをするブタの姿が切ない…

【あ、お前だけずるいにゃ!!】ツイッターで話題になったなごむ動物画像

驚き

まるでパリコレ?! 予想外すぎるペンギンたちの換毛期 22枚

画像まとめ

「トラックの助手席に見慣れない犬がいた」→SNSで写真を投稿したところ…

【いきなり寝る、そこも愛おしい】人気を集めた癒されるどうぶつ画像25選

笑い

【飼い主さんの足でくつろぐ猫さん♡】SNSで話題を集めた笑える動物ツイート

【おおお、可愛いお顔が…!笑】動物好きにオススメの話題のツイート23選