飼い主に捨てられ、愛する我が子も失った犬。悲しみに暮れる彼女を救ったのは…?

"妊娠"したのをきっかけに飼い主に捨てられ、その後たどり着いた施設では死産を経験した犬。悲しに身に暮れていた彼女を救ったのは、身寄りの無い2匹の子猫との出会いでした。

[2018-01-22]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
こちらの犬は、ペンシルバニア州にある動物保護施設で暮らす「ドロシー」ちゃん。
彼女は"妊娠"したのをきっかけに飼い主に捨てられ、数週間ほど前に施設で保護されました。
信頼していた家族に裏切られたドロシーは戸惑い、ショックで心を閉ざしてしまいました。
しかし、彼女を襲った悲劇はそれだけではありません。
悲しいことに、彼女が身ごもっていた7匹の子犬達は未熟な状態で生まれ、生後間もなくして天国へ旅立っていってしまったのです。

現実を受け入れることができず…

「我が子が死んでしまった」という現実を受け入れることが出来なかったドロシーは、いるはずの無い我が子を探して何度も出産場所を行き来しました。
その姿に心を痛めた施設のスタッフは子犬の人形を側に置いてみたそうですが、それでもドロシーが元気になることは無かったそうです。

悲しみに暮れていたドロシーを救ったのは…

悲しい出来事が重なり、施設で保護されてからは鳴いてばかりいたドロシー。
しかしつい先日、そんな彼女が元気を取り戻すきっかけとなる出来事が訪れました。
それは、身寄りの無い2匹の子猫との出会いです。
「ドロシーは心の支えを必要としている」
そう考えた施設のスタッフは、ある日別の施設で保護されていた2匹の子猫を引き取り、その子猫達をドロシーのもとへ連れていきました。
すると、ドロシーは目を輝かせながら子猫達のもとへ駆け寄り、自らお世話をし始めたそうです。彼女はその瞬間から母親のスイッチが入り、子猫達の側を離れなくなりました。
「ドロシーは子犬の代わりを必要としており、子猫たちもまた母猫の代わりを探していました。彼らが出会い家族となった瞬間の光景は、涙が出るほど美しいものでした。」
施設のスタッフはこう話します。

悲しみを乗り越えて

ドロシーは現在も2匹の子猫達の側に寄り添い、愛情を持ってお世話に励んでいるそうです。
もしかすると、彼女はそうすることで悲しみから立ち直ろうとしているのかもしれません。
ドロシーが心に負った傷が完全に癒える事は無いでしょう。
しかし、彼女がこの先責任感のある素敵な里親に巡り合い、過去を忘れられるほど幸せな犬生を歩んでいくことを願わずにはいられません。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

感動

生命の神秘に触れてみよう!子宮の中に宿った動物の胎児20選

最近話題になったおもしろ動物画像22選

ネットで話題を集めた笑える動物画像(22枚)

笑い

SNSで人気を集めた笑える動物画像24選

これが猫との暮らしだ! 猫のいる暮らしあるある 22選

人気になったおもしろ動物ツイート

最近ツイッターで話題になった動物画像

【恵方巻き】明日から頑張れるどうぶつ画像(21枚)

【□】話題を集めた面白くてカワイイ動物画像