【感動の実話】16歳の保護猫が里親に出会うまでを描いた短編アニメが話題に。

長年一緒だった飼い主と別れ、16歳にして居場所を失った猫「コーザル」。今回はそんな彼が新たな飼い主に出会うまでを描いた短編アニメをお届けします。

[2017-12-21]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
今回紹介するのは、ある悲しい過去を抱える16歳の老猫のお話です。
「コーザル」と名付けられた彼は今年の5月に飼い主とお別れをし、イングランド南東部にあるアダプション・センター(身寄りの無い動物の里親探し・譲渡を行う場所)へやって来ました。
話によると、飼い主は健康上の理由によりコザールを飼い続ける事が困難になった為、やむを得ず彼を施設に持ち込んだそうです。

新しい飼い主はなかなか見つからず…

「この子には幸せな老後を送ってもらいたい…」
そう考えた施設のスタッフは里親探しに熱心に取り組みましたが、年老いたコーザルを引き取りたいと考える人はなかなか現れませんでした。
「私たちはコーザルが多くの人の目に留まるよう、彼を入り口のすぐ側にあるケージに収容しました。しかし、施設を訪れる人のほとんどは彼の側を通り過ぎていったのです。」
施設のスタッフはこう話します。
里親が見つからないまま月日が経ち、次第に元気を失くしていったコーザル。
しかし、施設の方々はそれでも希望を捨てずに里親探しを続けました。
すると、そんな彼らの諦めない心は奇跡を起こすこととなります。

運命の女性との出会い

コーザルが施設で保護されてから210日が経ったある日、とある夫婦がコーザルに会うために施設へやって来ました。
そして、その夫婦はコーザルを抱きしめると満面の笑みを浮かべ、施設のスタッフにこう言ったのです。
「私たちがこの子を引き取ります。」
施設のスタッフはコーザルが16歳である事や関節炎の治療が必要であることを説明しましたが、それでも「コーザルを家族に迎えたい」という夫婦の気持ちは変わりませんでした。
こうして、コーザルは数か月にも及ぶ施設での暮らしを終え、新たな家族がいるお家へと旅立っていったのです。

「コーザルのクリスマス」

「コーザルのクリスマス」
こちらはコーザルのお話を基に製作された短編アニメです。
このお話は海外のメディアでも取り上げられ、世界中の人々に感動を与えています。
過去には飼い主と別れ、寂しい思いをしたコーザル。
しかし、幸運にも素敵な夫婦に引き取られた彼は、現在は幸せ溢れる毎日を送っています。
16歳という年齢は決して若くはありませんが、彼がこの先も長生きをし、いつまでも幸せ溢れる猫生を歩むことを願わずにはいられません。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

笑い

【悪いことしたってわかってる顔(笑)】最近Twitterで話題の動物ツイート20選

画像まとめ

繁殖犬として10年間酷使され続けた犬、保護された時には余命半年であると告げられ…

笑い

【柴犬さん「これから一緒に寝ますよ!」】話題のほっこりするどうぶつ画像20選

ぎりぎりのところで救出された小さな猫。その後トラ猫のパパができて…

笑い

【なぜそこにいる!?】話題を集めたほっこりする動物画像24選

驚き

動物界の王様の最期を看取ったプロの写真家!

誰にでも抱きつくかわいいシェルターの猫

【ドヤっ!】SNSで話題を集めた笑える動物画像

驚き

最初からハイレベル!! 動物たちが本気のかくれんぼに挑む!