玄関先に現れた10才の猫。なぜかずっと前足を隠したままで・・・

両方の前足を体の中にしまいこんでいる野良猫。悲しそうな目の理由は?

[2017-12-19]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
10月下旬、ニューヨークに住む家族の家の前にある一匹の野良猫がやって来ました。


こちらがその猫、バスター。推定10才です。
その家に住む女性がバスターを見つけ、なぜかずっと前足を隠していることに気づきました。どうやら足に異常があるようだったので、すぐに地域のシェルター『Lollypop Farm, the Humane Society of Greater Rochester』に連れて行きました。


健康状態があまり良くないだけではなく、とても悲しそうな目をしていました。きっとそれまでの生活が過酷なものだったのでしょう。
前足に皮膚炎が起こっていることが分かり、そのせいで歩くときに激痛を伴っていたようです。


それからバスターは毎日治療を受けることになりました。
バスターは我慢強く、治療を嫌がることもありませんでした。バンドを替えてもらっているときはのどをゴロゴロ鳴らし、まるでお礼を言っているかのようでした。


「とても優しくてかわいい子です。前足の状態も順調に良くなっています」と施設のスタッフは言います。
患部である前足には、ミトンのようなものが付けられました。かゆいからか、外そうとすることもよくあったそうです。
治療が進み、2~3週間後にはミトンをはめる必要はなくなりましたが、今度は頭にコーンを付けることになりました。これは前足を噛んだり舐めたりするのを防ぐためです。
そしてやっと、コーンも付けなくてよくなりました。その日はお祝いとして、スタッフからたっぷりのツナ缶をもらい、いっぱいなでなでしてもらいました。


前足の症状はずいぶん改善され、じきに新しい飼い主探しが始まります。
常に注意を引きたがり、頭をかいてもらうのが好きな人なつこい猫です。

また、大きな音でのどをゴロゴロ鳴らして喜びを表現します。
保護当時は元気がなく悲しそうにしていた野良猫。

しかし2か月後には、まるで生まれ変わったかのように幸せで健康な愛らしい猫へと変身しました。今ではその目がキラキラ輝き、これからの生活に希望を見出しているバスターです。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

可愛いから許しちゃうけどやめて欲しい!!(笑) ニャンコのイタズラ23連発!!

感動

会うは別れの始めの言葉通り!!!看取りと動物に関する21選

笑い

最近盛り上がった癒される動物ツイート

笑い

【バナナベッド】最近人気を集めた笑える動物ツイート20選

人気になった笑える動物ツイート21選

【ん?】ツイッターで話題の動物の画像ツイート

笑い

【|д゚)チラッ】最近ネットで話題のかわいい動物画像25選

笑い

話題を集めたなごむ動物画像(20枚)

「どうして自分は人から嫌われるんだろう」…10才の猫はそれでも愛をふりまき続ける