【驚き】カナダの工業地帯で見つかった"特別"な子猫達。その前足を良く見てみると…

皆さんは「ヘミングウェイ・キャット」と呼ばれる猫の事をご存知ですか?

[2017-11-27]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
今から3か月ほど前、カナダ・モントリオールにある猫の保護施設に5匹の子猫(推定生後7週間)が運ばれてきました。
話によると、5匹は工業地帯で見つかり、そこで働く作業員によって捕獲されたそうです。
「子猫は全部で6匹おりましたが、その内の1匹は施設で保護される前に里親に引き取られました。」
「施設にやって来た子猫のうち2匹は女の子で残りの3匹が男の子でした。私たちは彼らにそれぞれチャップリン(♂)、ビニー(♂)、ムスリー(♀)、アルファ(♂)、ジア(♀)と名付けました。」
施設のスタッフはこう話します。

子猫達の前足を良く見てみると…

施設で保護された5匹のうち、アルファ君とムスリーちゃんはある変わった特徴を持っていました。
その特徴が分かる写真がこちら。
実は彼ら、通常よりも前足の指が多い「ヘミングウェイ・キャット」と呼ばれる特別な猫ちゃん達だったのです。

「ヘミングウェイ・キャット」とは?

ヘミングウェイ・キャットとは、多指症と呼ばれる先天性の形状異常により通常よりも指が多い猫の事を指します。
有名なアメリカの作家・ヘミングウェイも多指症の猫を愛していたと言われており、海外では多指症の猫が幸運を呼ぶ存在だと考えられています。

子猫達のその後…

施設のスタッフの話によると、子猫達は全員保護から1か月以内に里親が見つかり、現在はそれぞれのお家で幸せな暮らしを送っているそうです。
もちろん、多指症のアルファ君とムスリーちゃんも素敵な里親に巡り合い、今では暖かいお家でたくさん甘やかされています。
5匹がこの先どんな姿へと育っていくのか…今後の成長が楽しみでなりません♪
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

【寝癖?!なんでそうなっちゃったの(笑)】ネットで話題を集めた笑える動物ツイート23選

オフィスに入ってきた猫。「パパ」を指定して…⁉

驚き

数週間、自宅に戻らず、突然舞い戻って来た!甲羅に金色のシールがついていた謎に迫る

笑い

【にゃんこ版 ざわ・・・ざわ・・・】最近ネットで人気を集めたなごむ動物画像21選

画像まとめ

毎日女性に会いにやってくるかわいすぎるリス

笑い

【似た者同士には実は理由があった?!】ネットで話題になったかわいい動物画像24選

母猫に捨てられた未熟児の子猫

笑い

【かっこかわいいコモドオオトカゲちゃん!】話題を集めたおもしろ動物の画像ツイート20選

救われて13年後、あのときの子猫は恩人の娘を兄として見守る