可愛いだけじゃないんだにゃ(ΦωΦ)!! ニャンコが隠している20の凄い能力!

[2017-12-03]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
「はぁ〜ニャンコは何をしなくても、何ができずともその存在が可愛いし羨ましい〜!!」
「甘く見てもらっちゃこまるにゃ(ΦωΦ)!」「そうにゃそうにゃ(ΦωΦ)!」
「私たちは本気を出せば時速50キロ近くで走れるにゃ!」
「私たちの発生は100種類以上にゃ!」
「私たちは自分の身長の6倍までジャンプできるにゃ!」
「私たちのゴロゴロには治癒効果が期待できるにゃ!」
実は可愛いだけじゃない!驚きのニャンコの能力をご紹介します!是非ご覧ください♪

ネコが本気を出すと時速50キロ近くで走れる。

ということは、人間の中で一番速いウサイン・ボルト選手でも、100m走で猫に負ける。

実は体内時計を持っている。

ただ寝ているだけではないらしい。

猫は数がわかる

ただしかなり大雑把。

猫は、人生の1/3をグルーミングに使い、2/3を睡眠に使う。

あれ…他は…??

猫の鼻は、人間の指紋のように固有の隆起パターンがある。

同じなように見えるが同じ鼻はない。

猫は足から汗をかく。

驚いても足から汗を掻く。

ちなみに驚いた時も足から汗を掻く。

逆に氷点下の野外で一夜を過ごしたネコがいる。

どんなモフモフなネコだったのでしょうか。

摂氏56℃で生き残った記録を持つネコがいる。

溶けなかったか不安になります。

牛乳は好きだけど消化は苦手。

実は適切にそれらを消化できないので、ネコ用ミルクをあげましょう。

7年あれば1組のニャンコから42万匹という驚異的な数の子孫を誕生させる事ができる(理論上は)

4ヶ月毎に3匹から7匹の計算です。

どんな体制からでも着地は足からできる。

だからと言って投げたりしないように!!

ニャンコの発生は100種類以上(ワンコは約10種類)

我々人間はその1つ1つの声に操作されているのだ…。

人間の可聴域は一般的に20~2万ヘルツ、犬は20~4万ヘルツ、そして猫はなんと30~6万ヘルツ!

歩くネズミの足音さえ聞きわける!

自分の身長の6倍までジャンプできる

非常に柔らかい体をバネに爆発的ジャンプ力を発揮できる。

猫のゴロゴロには癒し効果がある。

猫のゴロゴロは20〜50ヘルツの周波数で、この値は骨の成長や骨折治癒を促進することで有名である。

甘いのはいまいちよくわからない。

やっぱり肉食だから?

聖書に唯一家畜として登場しないのがネコ。

諸説様々で今なお白熱した議論が展開されているとかいないとか。

猫がゆっくりと瞼を閉じて開く時は、愛してるのサインを送っている時。

結構ロマンチスト。

深い睡眠状態から、一瞬で覚醒できる。

睡眠中でも70%くらいは、音や匂いを聞いたり嗅ぎ分けたりしているらしい。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

【至福のひと時・・・】明日から頑張れる動物ツイートまとめ

笑い

【器用な腕組っ!】SNSで人気を集めた笑える動物画像24選

【あ、顎がっ…!】SNSで人気になったなごむどうぶつ画像

【めし?!メッシ?!どっちなの?!】最近人気を集めた笑える動物画像(25枚)

【オオカミ夫婦が尊い…!】ネットで盛り上がった笑える動物ツイート20選

笑い

【悪いことしたってわかってる顔(笑)】最近Twitterで話題の動物ツイート20選

笑い

【究極の寝方!】ツイッターで話題の動物の画像ツイート

笑い

【超大型巨猫がきたぞーっ!!】ツイッターで話題になった動物ツイート20選

【最大の癒しを提供する床屋さん】人気を集めたかわいい動物ツイート