親友を失った1匹の犬。ある日飼い主が帰宅すると信じられない光景が。

猫や他の犬が大好きなクロスビー。彼はずっと一緒に暮らしてきた友達を失くした。ある日飼い主の男性が帰宅すると満面の笑みで迎えてくれたクロスビー。そして飼い主をお風呂に来るよう導くと何とそこには・・・

[2017-09-26]

Facebookでシェア
Twitterでツイート

大好きな友達を失ったクロスビー

クロスビーという犬は、子猫や他の犬が大好きです。
彼は最近までずっと他の動物たちと一緒に過ごしてきましたが、2匹の親友にお別れを告げました。
「6ヶ月前、クロスビーは猫の友達を失ってしまいました。そしてわずか1ヶ月前、彼が8週齢の頃から一緒に暮らして来た犬の親友も失いました。」
とクロスビーの飼い主が教えてくれました。
「クロスビーは一人になっても大丈夫だと思っていました。」
数週間前、男性はいつものように家に帰ってきました。
いつもは嬉しそうに出迎えてくれるクロスビーですが、その日クロスビーは男性をお風呂に来るよう導きました。

何とお風呂に子猫が!!一体誰が・・・

するとすぐに彼はニャオーニャオーと大きな声で鳴く子猫に歓迎されました。
「私はその子猫を以前に見たことがありませんでした。家には犬用のドアがありますが、この子猫にとってはとても高く家に入ってくるには難しいはずです。私はクロスビーがこの子猫を連れてきたんだと思いました。」
「彼女は6ヶ月前に亡くなった猫の友達と不思議なくらい似ていました。」

子猫の飼い主を探す男性

男性は子猫について近所を聞いて回りました。
何人かの人たちは以前に子猫を見たことがありましたが、誰が飼い主かは知りませんでした。
「子猫にマイクロチップがあるかを調べるために、獣医連れて行きました。でもマイクロチップはありませんでした。数日前に避妊されており、生まれて約4ヶ月程度であると診断されました。」
獣医は、もしシェルターに子猫を連れて行った場合、安楽死される可能性が高いと告げました。
そのシェルターはすでに収容能力を超えていたからです。
男性は、子猫を再び屋外に追いやることはできませんでした。
さらに、クロスビーが本当に子猫を気に入っていたようでした。
そこで、子猫を自宅に連れて帰り家族の一員にしました。

猫の親友ができて幸せなクロスビー

クロスビーは一晩中子猫の側にいました。
クロスビーはまた家にもう一人の友達がいることがとても嬉しかったのです。
一緒に遊んで一緒に昼寝することができる友達ができました。
クロスビーは、望んでいた小さな友達を家に連れてきました。
今、彼らはお互いが大好きな親友です!
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

溺死寸前の子猫を救出!その後みちがえるほど美しい猫に大変身

笑い

【ジャスト】最近SNSで話題になった動物画像

笑い

SNSで人気になったなごむ動物画像

【あるある】リツイートを集めた笑える動物画像

【いい巣見つけた】話題を集めた笑える動物ツイート

驚き

アンビリバボーなことが起こった!20シーンで綴る恩を忘れなかった動物たち

虐待を受けた犬は人間をひどくこわがっていた。ただし、ある赤ちゃんを除いて…

母のいない子猫。しかしその後新たにお姉ちゃんができて・・・

動物好きにオススメの話題のツイート23選